七ヶ宿ダムはスキージャンプの競技台を思わせる独特の形状で、
観光地化を狙っているのか、
巨大なダム湖の水が噴水のように空高く舞い上がる
パフォーマンスも行われています。

ここまでだとちょっと珍しい観光スポットなのですが、
七ヶ宿ダムには幽霊がいるとウワサされています。

七ヶ宿ダムで男性の死体が見つかったのが2004年10月で、
被害男性はダムに架かる橋の上で5人から暴行を受け、
遺体の扱いに困った犯人たちに橋の上から捨てられました

突然の事件に被害男性の魂がそこに残ってしまったのか、
何かが落ちる音が聞こえたり、
水中から助けを求めるように手が延びているのが見えるそうです。

ダムなのに水を空に向かって噴出させていると聞いた私達は、
物珍しさから七ヶ宿ダムを訪れました。

私達はずっと水を噴出させているのだと思ったのですが、
時間が決まっているらしく、
時間まではダムを見学して過ごしていました。

私がダム湖を見ていると、
水面にキョロキョロと辺りを見渡しているような動きをしている、
影が二つある
ことに気がついて。

魚の影かなと思っていたら、
二つの影の動きがピタリと動きが止まり、
目と目が合ったときのあの感覚を感じました。

偶然とは言えなんだか気味が悪いなと思っていたのですが、
細長い形をした魚の影にしては形が丸に近いし、
尾びれらしき動くものが見えません。

自分が何を見ているのかわからなくなり、
黒い影達を見つめたまま私の体はこわばりますが、
黒い影達は何処かに消えてしまいました。

黒い影達の正体は分かりませんが、
これが私が七ヶ宿ダムで体験した出来事です。

関連する心霊スポット情報