現在地
ルートを検索

おじさんの奥さんの実家の方で不幸があり、
おじさん夫婦が出身地の山形へ駆けつけたときの出来事です。

その葬式の時に使用した斎場が、
心霊スポットといわれる経塚斎場でした。

集まった親戚一同の中に、
つるの部分にハデな金細工のあるメガネをかけているけど、
おとなしそうな雰囲気のMさんがいました。

話を聞くとMさんは目の治療中で、
治療が終わるまでメガネは作れなくて、
葬式に来る車の運転の為に、
一時しのぎのメガネを100円ショップで探したら。
Mさんの目にしっくり来るメガネが、
その店舗には派手なものしかなかったようです。

おじさんはMさんとハデなメガネのギャップで、
親戚の中でも特に目立っているように見えました。

葬式も滞り無く進み、
経塚斎場で仏様が焼きあがるのをまっているときです。

親戚の誰かと立ち話をしていたMさんだけが、
僅かにぼやけて見えた
ようなのです。

ぼやけたMさんを目を凝らして見ると、
なにかに引っ張られているように見え、
急な葬式で疲れたのかと思って、
眉間を抑えると普通にMさんの姿が見えます。

おじさんは自分も帰ったら眼科に行かないと駄目かな、
そんな風に思っていたようです。

Mさんが死んだのはそれから2ヶ月後だったそうです。

肺炎をこじらせたのが原因なのですが、
おじさんは霊に引っ張られていったと思っているようです。

経塚斎場を撮影した写真を霊感のある人が見ると、
複数の霊が見えるそうです。

経塚斎場の近くは昔の処刑場や、
お坊さんが修行する滝不動があります。

そういうた要素が重なって、
霊を引き寄せているのかもしれません。

関連する心霊情報