現在地
ルートを検索

兵どもが夢の跡、
源氏と平家の戦いの舞台になった高松市の屋島には、
かって観光が盛んだった頃の名残、
『甚五郎』というホテルの廃墟が残されています。

第84番札所の近くで屋島ドライブウェイで行くことができるせいか、
外観からは想像できないほど、
入ってすぐの1Fエントランスなどかなり荒れています。

備え付けの冷蔵庫のなかに、
廃業当時のジュースやビールなどが残っている客室などは、
ちょっとした手直しですぐに使えそうなほどキレイで、
その印象の違いはなんとも言えない独特のものだったそうです。

これは知り合いのAくんから聞いた話なのですが、
夏休みを利用した旅行で四国を訪れたAくん達は、
普通の観光の間にこういう廃墟にも立ち寄るようにしていて
メンバーも廃墟好きの3グループ合同というものでした。

旅行の最終日、ホテル甚五郎を見て回ったAくん達
1Fのエントランスに戻って来て、ホテルから出ようとすると、
Aくんとは別グループのBさんがフロント横にある階段の先を
見つめていた
そうです。

Bさんどうかしたんです

声をかけても、
Bさんは心ここにあらずといった感じで、
なんでもないですと言いながら、
ホテルを出るまでに何度か階段をチラッと見ていて、
様子がおかしいのは明らかでした。

このことが引っかかっていたAくんが、
後日あらためて話しを聞くと、
Bさんはなんともいえない表情で、
人の姿を見たと話しだした
のだそうです。

Bさんが見た人はいつの間にかソコにあらわれた、
階段の奥へ進む人の後ろ姿だったのですが、
全身が見えないとおかしいのに、
その人の後ろ姿は上半身だけしか見えなかったのだそうです。

ホテル廃業がバブル崩壊のあおりを受けた2000年の始めごろなのですが、
客室にジュースやビールなどが残されていたり、
フロントに鍵など物が色々と残されていたりで、
急に営業をやめたようなありさまで。

因縁だとか曰くといった言葉がシックリとくるのも、
源平合戦ゆかりの屋島という場所で札所の近くにある、
ホテル甚五郎だからなのかも
しれません。

関連する心霊情報