現在地
ルートを検索

長野県との県境にある高天原山で、
2016年7月に帰らぬ人になった男性がいます。

それは登山道を整備している作業中に起きた事故で、
作業をしていた男性が斜面から滑り落ちてしまい、
病院へ運ばれたときにはもう手遅れでした。

実はこの高天原山
歴史に残る航空事故が起きた場所で、
520名の方が亡くなった場所でもあるのです。

1985年8月、
羽田空港から飛び立った日本航空123便は、
離陸してすぐに異常が発生して操縦が効かなくなり、
この高天原山の尾根に墜落

この日本航空123便墜落事故はもっとも多くの犠牲者をだした航空事故で、
2017年になっても日本航空123便墜落事故を超える事故は起きていません

情報が混乱を極めた事故発生直後は、
御巣鷹山の名前がニュースで繰り返されていたので、
旅客機が墜落したのは御巣鷹山だと覚えている人もいますが、
実際に旅客機が墜落したのはこの高天原山です。
(高天原山の尾根は事故後に「御巣鷹の尾根」と名付けられています)

それまで登山道などなかった高天原山ですが、
この事故の犠牲者を弔うための道が整備され、
8月の犠牲者追悼に備えた準備で、
新たに事故が起きてしまった
のです。

知り合いのKさんがこの山へ登るとき、
大きな事故が起きた山で足元が滑りやすい道ということもあり、
山に入ると慰霊碑の『昇魂之碑』に一礼をすることにしていました。

その日は予定よりも早く山を降りてきたのですが、
ペースが早かったことで体に違和感が出ることもなく、
足を滑らせるとかそういう危ない場面もなく、
とても快適に山を歩くことができました。

それでKさんは、帰る前に昇魂之碑にお礼をして帰ろうと
石碑の前に立ったのですが、あたりには誰もいないのに、
近くから人の声が聞こえたのだそうです。

航空事故から30年以上が過ぎ、高齢化した遺族のために、
事故現場近くまで車で行くこともできるようになったそうです。

ですが、機体に異常が発生してから墜落まで21分と少し、
500名を超える犠牲者を出した場所は、
軽い気持ちで行くような場所ではないのだと思います。

関連する心霊情報