迫りくる平家の軍勢を、
木曽義仲が奇策で打ち破ったくりから古戦場

平家と源氏が戦った古戦場を展望台から眺めていると、
谷底の方から聞こえて来たのは、
呻きのようにも思える、寒気を感じるような乾いた音でした。

谷に吹く風にその音が掻き消えても、
目の前に広がる少しだけ赤くなった景色は、
さっきまでとは違う色に見えました。

平家と源氏の戦いがおこなわれた倶利伽羅峠(くりからとうげ)は、
小矢部市から石川県にまたがる峠で、
多くの武者が落下した谷は地獄谷
死体の血や膿で穢れた川は膿川と、
古戦場でおこなわれた戦いの凄まじさは、
このあたりの地名に残るほどでした。

くりから古戦場は平家と源氏が陣を張って睨み合っていた場所で、
小矢部市役所のある石動駅のあたりから、
車だと20分ぐらいの場所にあります。

私たちが展望台に行ったときは、
展望台ができて間もないころでした。

私たちは展望台があることを知らなかったのですが、
たまたま知り合った、くりから古戦場によく来るというおじさんに、
少し歩いた場所に展望台があることを教えてもらえました。

それで展望台から地獄谷を見ていると、
谷の方から気味の悪い音が聞こえ、
私たちのあとからやってきたおじさんにも、
その音は聞こえていました。

それであの音は何だったのかを聞いたのですが、
くりから古戦場によく来るおじさんも、
その音は初めて聞く音
だといいます。

倶利伽羅峠を中心にして、
怪奇現象を体験する人は多く
心霊スポットとしても有名で、地獄谷を流れる膿川は、
武者の呻きが聞こえるともいわれています。

くりから古戦場は小矢部市の観光スポットなのですが、
この場所に訪れるのなら、
武者の無念には注意をしておいたほうがいいのかもしれません。

関連する心霊スポット情報