山形と宮城にまたがる国道347号線の、
山形の尾花沢市から山をこえて、
宮城の加美町に向かう峠道が鍋越峠(なべこしとうげ)です。

ほんの少し前までは、
大きく曲がった山道の上に道路の状態は悪く、ひどい道だと評判で、
冬になれば雪に埋もれる峠の道はゲートで閉じられてしまい、
通行が禁止されていた道でした。

鍋越トンネルなどの整備が進んで、
だんだんと道路状況がよくなっていき、
日中限定で冬も通行ができるようになったのは2016年のことです。

これは鍋越峠にある、
旧道への脇道が手前にあったトンネル、
鍋越トンネルでの出来事です。

トンネルの奥から2つ並んだライトが近づいてきていて、
漠然と車が来ているなと思ったのですが、
車の横を通り過ぎていったのはバイクでした。

トンネル内で景色を楽しめないから、
なんとなくみたらライトがふたつに見えたぐらいに思ったら、
私以外にもライトは二つ見えていました

どういうことだと後ろを振り返ってみても、
バイクはとっくに見えなくなっていました。

車に乗っていた全員が同じように見えていたら、
何かしらの現象がおきたとか納得できるのですが、
ライトはひとつだけ見えた人とふたつ見えた人でわかれたことで、
私たちは余計に混乱してしまいました。

グーグルマップで国道347号線から旧道に入ると、
道はとても狭く整備されているとは言えないのがよくわかる
と思いますが、
すこし昔はこの道を使っていたのです。

鍋越峠のあたりで幽霊を見たという話を聞いたときは、
あんな道なら事故のひとつやふたつぐらいあっただろうな、
そんな風に思っていました。

幽霊だとは思いたくないのですが、
ですがトンネル内での出来事は、
そういう不思議なチカラが働いたとしか思えません。

関連する心霊スポット情報