小野湖は宇部市小野にあるダム湖で、
厚東川をダムでせき止めた時に作られ、
ダムの底に沈んだ小野村から名前をとって、
小野湖と呼ばれています。

西岸に沿うように県道217号線が通り、
東岸には国道490号線があるので、
小野湖へはアクセスがしやすいのですが、
ダム湖沿いを散策するような場所ではなく、
湖面に近づける場所が限られた、
自然が色濃く残っている場所です。

湖面にボートを浮かべて釣りに興じる人の姿も珍しくないほど、
バス釣りのポイントとして有名な場所らしく、
小野湖には県外から撮影が来ることもしばしばあるようです。

一方で、小野湖は自殺の名所としても
その名を知られています。

知り合いのR君がバス釣りに小野湖へ行ったときの話です。

ヤブを通り抜けながら崖を下っていくような、
釣り人が秘密にしている場所が小野湖の周りにはいくつもあり、
その日もR君は自分だけの秘密の場所に向かっていました。

R君がもうすぐ釣り場という場所までくると、
釣り場の方から小魚が水面を跳ねる音が聞こえてきます。

バスのような捕食側が、
活発に小魚を追っている姿を想像して、
釣果への期待が膨らみます。

そして釣り場についたR君が見たのは、
噛みつかれた歯型の付いた小魚が数匹、
足元に散らばっている姿
でした。

仕留めた獲物を置いておいて、
次の獲物を取りに行く動物なんて聞いたことがありません。

気がつけば、
さっきまで聞こえていた水面を跳ねる音も、
いつの間にかしなくなって
います。

わけがわからないまま、
R君はその場から逃げ出したそうです。

R君はそれから秘密の釣り場に行くことはやめたので、
その後、秘密の釣り場がどうなったのかはわかりません。

釣り仲間に聞いても、
そんな状況を見たり聞いた人はいないそうです。

関連する心霊スポット情報