一乗滝に向かって歩いていると、
右足で地面を踏みしめた瞬間に、
痛みが右ひざを突き抜けました

本屋へ行く途中で、
自転車のペダルを踏みこんだときに痛めた右ひざは、
スポーツをしている人から、
それクセになるよと言われていましたが、
たまに違和感を感じるぐらいで済んでいました。

そーっと右足を地面におろすと、
右ひざに鈍い痛みを感じてしまいました。

一乗滝は福井市街地から車で40分の場所にある避暑地で、
剣豪・佐々木小次郎が奥義『つばめ返し』を編み出した場所で、
見上げた崖の上には神社の見えるパワースポットです。

ですが、神を祀ったことから始まり、
武芸者が技を練り上げた場所だからなのでしょうか、
写真を撮ると不思議な現象が起きるそうです。

右ひざを休ませるために、
私は滝から落ちた水のしぶきを感じながら、
川岸のすみで足を伸ばして座っていました。

おかしいと気が付いたのは、
ひざを休ませているはずなのに、
膝が締め付けられるようにうずきだしたからです。

少しでも楽になる位置がないか、
膝を動かしてもうずきは変わらないどころか、
だんだんと強くなっているように感じます。

電車とバスでここまで来たのですが、
バス停まで歩いて30分ほどの距離です。

ひざがこれ以上ひどくなると、
バス停まで行くことが難しくなってしまいます。

立ち上がって膝の様子を確かめると、
若干の痛みはありますが歩けないほどではありません。

不思議なことに右ひざをかばいながら、
入り口の佐々木小次郎像のあたりまでたどり着くと、
右ひざのうずきが弱くなっていきました。

バス停に向かって歩いている途中で、
右ひざの痛みはなくなっていました。

今でも右ひざに違和感を感じることはありますが、
一乗滝のような痛みを感じることはありません。

どうしてあのときだけ痛みを感じたのか、
原因は今もわかりません。

関連する心霊スポット情報