国道9号線をJR下関駅へ向かっていると、
右手に竜宮城を思わせる建物が見えます。

この建物が壇ノ浦に消えた平家一門の墓がある赤間神宮で、
『耳なし芳一』の舞台になった場所でもあります。

私は学生時代の友人たちと一緒に観光で赤間神宮を訪れました。
赤間神宮を歩いているときにどこか上の空だった友人A

その時は疲れているのかなと思っていたのですが、
後から考えればこの時から異変が始まっていたのだと思います。

その日の夜は、
楽しみにしていたアニメの最終回が配信される日で、
日付が変わるころには友人たちは眠りについていて、
私は部屋と窓の間の、ベランダみたいなところで
スマホにかじりついていました。

感想をつぶやいたりしながら3回ほど最終回を見て、
明日もあるからもう寝ないとと思っていた時です。

寝返りをして、
布団を抱くようにして寝ていたAが寝たまま唸り声をあげます

声はウアァァンと大泣きしているようにも聞こえて、
つらく苦しそうな声なのに、
Aの顔は無表情のままで微動だにしません。

唸るのをやめて大きく荒い呼吸になったと思ったら、
また唸り声を上げます。

その様子を見ていた私は心配よりも怖さが強くなってしまい、
Aに近づくことができませんでした。

荒い呼吸と唸りを何度か繰り返していると、
ほかの友人が起きてきて、
ボーッとした顔でAの肩を揺すろうと手をのばし。

ウァアとAが発しても、
友人はお構いなしに寝ているAを揺すります。

Aは夢を見ていた記憶がなく、
よくわからないといった表情で、
布団を直して再び眠りにつきます。

私は興奮してなかなか眠れなかったのですが、
それからAが唸りを上げることはありませんでした。

Aは変な時間に起こされたから調子が悪いといっていましたが、
赤間神宮で撮影したAのどんよりとした表情と比べれば、
その顔には生気がみなぎっていました。

平家一門の魂が今も彷徨っているといわれていますが、
Aはうなされていただけだといいのですが…。

関連する心霊スポット情報