一光トンネル(いかりとんねる)
福井市西部の国見岳のふもと、
県道3号線にあるトンネルです。

車一台が通るのがやっとのトンネルで、
トンネルの中にすれ違うための空間が設けられていて、
とにかく圧迫感が強くて、
トンネルに入っただけで息苦しくなります

その上、トンネルはカーブして見通しも悪くなっています。

これだけでも十分に怖いのに、
一光トンネルに幽霊が出るというのです。

これは知り合いから聞いた話なのですが、
一時期ワイドショーを騒がせた、
白ずくめのカルト団体の施設が、
一光トンネルの先にある
と聞いて、
その団体の様子を見に行こうとしていたそうです。

知り合いを含めて3人が乗った車が、
一光トンネルを通っているときです。

助手席に座っていた人がお菓子の袋を開けて、
後ろに座っていた人に渡そうと後ろを向くと。

ヒィと情けない声をあげてのけぞったせいで、
袋からお菓子が散らばってしまいます。

運転していた知り合いもそれに驚いてハンドルが動いてしまい、
車がトンネルの壁にぶつかる寸前だったそうです。

いったいどうしたんだと聞いても、
アとかウとかしか言えないくらいに取り乱していて、
落ち着いたのはトンネルを抜けたあたりでした。

後ろを振り向いたら、
後ろの座席にもう一人いた

暗かったし、
まばたきの間に消えたからよくわからないけど、
あれは人だった、人が座っていたんだよ。

助手席に座っていた人は、
血の気の引いた顔で、
自分が見たものを話したそうです。

カルト団体どころではなくなった知り合いは、
県道251号線・115号線と大きく回って、
一光トンネルを避けて引き返したそうです。

このトンネルを通る時には、
くれぐれも用心してください。

関連する心霊スポット情報