彼女とデートのために車を買った友人がいて、
夜景のスポット信貴生駒スカイライン(しぎいこまスカイライン)へ、
彼女とドライブを考えていました。

信貴生駒スカイラインは有料道路
なので、
行ってから想像と違うとがっかりしてしまうので、
男3人で下見に出かけたときの話です。

信貴生駒スカイラインは西を見れば大阪の夜景、
東を見れば奈良の夜景が楽しめるスポットですが、
そこから見える景色が良いか悪いかの前に、
車数台分のスペースしかない駐車場。

「人の多い週末だと車を停められないかも」

「夕方から来るのはどう?」

「道を走るだけでもそれなりに楽しめそうだよ」

デートの下見で夜景スポットや公園等にも立ち寄っていると、
片道20km以上の道路を引き返す頃には日は沈んでいました。

その時間になると見える景色は一変していて、
遠くの町並みがキラキラと輝く宝石になっていました。

自分も彼女が欲しいとなんとなく言ったのですが、
助手席に座っていた友人がそうだなと言う声は涙声でした。

夜景がトラウマになるような別れがあったわけでもなく、
気がついたら悲しくなって涙が止まらなくなったそうです。

そのうちに寒いと震えだして、
体をギュッと抱きかかえるのですが、
日が落ちて涼しくなったとはいえ震えだすのは異常でした。

もうすぐ駐車場が見えてくるはずでしたが、
そこにとどまって様子を見るよりも、
このまま車で病院に行くことにしました。

友人の震えと涙が止まったのは、
信貴生駒スカイラインから離れてすぐのあたりでした。

工事であちこち掘りかえしていると、
かろうじてスーツだとわかる衣服が残った白骨死体がでてきたという
信貴生駒スカイラインのウワサを、別の日に笑いながら知人が話していて、
私は愛想笑いをしながら、
そういうことかと思うしかありませんでした。

関連する心霊スポット情報