これは森の中で朽ちている療養所、
賀茂郡東伊豆町稲取廃隔離病棟での心霊体験

自炊をしているオレの部屋なら手料理が食べられる。

連休なのにやることがない、
いつものメンツがオレの部屋に集まって、
ゲームをしたり酒を飲んで仕事のグチを言ったり、
そんないつもの集まりをしていたら。

「明日、ここ行かない?」

差し出されたスマホの画面を見ると、
廃墟の画像が表示されていた。

稲取廃隔離病棟結核等の感染症患者を隔離する施設で、
病棟としての役割が終わるころに、
自然災害稲取廃隔離病棟への道が塞がれて、
費用面の都合でそのまま放置されたらしい。

休日をダラダラと過ごすよりはましだろうということで、
全員そのままオレの部屋で雑魚寝をすることになった。

135号線のトンネルを出た所に車を停めて。

車を停めた場所から続く細い道を下ると、
稲取廃隔離病棟が見えてきた。

放置された建物は荒れ放題で、
完全に崩れている所もある。

淀んだ空気の匂いが建物に染み付いて、
建物からなんとも言えない匂いがしていた。

建物の外から中を眺めていると、
Fが急に辺りの藪のほうに向かって行く。

藪に入ったところでしゃがみこんだFが嘔吐

慌てて駆け寄ると、
Fの顔は真っ白で。

オレたちが投げかける言葉も、
Fには聞こえていない状態だった。

とにかく車を停めたところまで戻って、
ペットボトルの紅茶で口をゆすがせた。

オレは食中毒が心配で、
早くFを病院へ連れて行こうとしたら。

少し喋れるようになったFが車が汚れるとか言うから、
Fの足元に車のフロントガラスにつける日除けを敷いて。

急いでFを病院へ連れていった。

Fの状態は食中毒とは症状が違うようで、
病院では日頃の疲れが原因と診察された。

Fの話だと稲取廃隔離病棟についてしばらくしたら、
唸るような音が響いてきて。

変だな、
そう思ったら急に気持ちが悪くなったらしい。

病気で死んだ患者が霊になって、
今も病棟にとどまっている

稲取廃隔離病棟の画像を載せていたブログの言葉が、
Fの体調不良のあとでは強い言葉になっていた。

関連する心霊スポット情報