私の近所である愛媛県愛宕山付近には
愛宕神社という赤い鳥居の通り道がある神社が
愛宕山頂にあります。

山頂なので山の下からでもみえるのですが、
かなり不気味な雰囲気が漂っています。

その赤い鳥居のすぐ下には私が通っていた中学校があります。
この中学校は、自転車登校が禁止されていたので
暑かろうが寒かろうがみんな歩いて山を登って学校に通っていました。

夕日がきれいなこと学校ですが、夏のプールの時期には
先生がいつも用心深く周囲を観察しています。

というのも、プールの真上が例の不気味な赤い鳥居だからです。
なぜ注意深く観察するのかというと、この鳥居は有名な自殺スポットで
以前生徒が首つり現場をプールの時間に目撃したということがありました。

子供にも悪影響ですし、面白がって近づくことも考慮して
先生はいつも見張っていました。

しかし、私たちも若いということもあり、
高校生になると肝試しに決まってこの場所を選んでいました。

鳥居をくぐってみたりもしました。
鳥居は不気味で寒いですし、そこだけ空気が重たいというのは
みんなが口をそろえていっていました。

直接はなにもおきませんでしたが、聞いた話によると、
そこをマラソンコースにしている先生が、ある不気味な体験をしたそうです。

その体験というのが、鳥居の上のほうから生首だけが
こちらをずっとみており何体もある生首が、
だんだん転がりながら近づいてきたそうです。

マラソンの登り坂の途中なのかそのせいなのかわかりませんが、
かなり呼吸が苦しくなり、Uターンもできずずっと立ち止まっていたそうです。

時間はお昼すぎなのにこんなきもち悪い体験をした先生は、
それから私たちに近づくなと強くいってきました。

今でも愛宕山頂には愛宕神社
赤い鳥居はあるのですが、もうすぐプール開きですし、
少し心配な気もします。

関連する心霊スポット情報