山頂の展望台からは熊本市を一望でき、
美しい夜景が広がるスポットとして知られる、
熊本の高尾山こと金峰山

車で山頂を目指してもいいのですが、
体力に自信があれば、
麓から登山道を登って景色をみると、
同じ景色でも別格に感じられます。

山を直線的に登る『さるすべり』コースは、
場所によっては手を使うこともある、
本当に体力に自信がある人向けで、
『自然歩道』コースなら、山を右に左に曲がりながら、
ゆっくりと山を登っていけます。

『さるすべり』と『自然歩道』は、
何度も交差しながら頂上に続いているので、
『さるすべり』がキツイときは、
『自然歩道』に退避することが可能です。

この金峰山
昔からパワースポットとして信仰された山で、
山頂にある金峰山神社から山の名前がつき
山の麓にある鳥居が登山口になっています。

そんな山だからでしょうか。

車を運転していると、急に白い影が飛び出してきた。

人魂を見た

金峰山では、そんな奇っ怪な出来事が起こるようです。

これは、
私の友人が金峰山で体験した出来事です。

友人が金峰山の登山道を降りているときに、
人間の胸までありそうな大きなものが、
少し先にある木の後ろでモゾモゾ動いているのが見えたそうです。

大きさからタヌキとかではなく、
クマかイノシシを想像したのですが、
木にはそんな大きさのものが隠れられるような太さはありません。

向こうもこちらに気がついたのか、
ピタリと動くのをやめています。

息を殺し、
友人はすぐ横の斜面に気をつけるように、
足を少しずつ横にすべらせながら、
大きなものが隠れている木と距離を詰めていきます。

あと数mというあたりで、
足元がすべった友人は態勢がくずれて、
思わず声が上がってしまいます。

木の向こうにいるものを刺激したらヤバイ。

緊張で動けなくなった友人は木をジッと見ていましたが、
あたりはシーンとしたままで、
木の向こうに何かがいるような気配がまったく感じられません。

やっぱりなにかがおかしい、
そう思った友人が一気に木に近づくと、
木の根元には巾着が落ちているだけでした。

山道は適度に管理されているので、
鬱蒼とした気味の悪さを感じることはありません。
ですが、こうして不可思議な体験がおきるのも、
昔からのパワースポットだからこそなのかもしれません。

関連する心霊スポット情報