中央市の伊予三島と金砂を結ぶ、
国道319号線にある全長1.6㎞を超えるトンネルが
法皇トンネル
です。

伊予三島と金砂は直線距離にすれば5㎞ちょっとなのですが、
法皇山脈が間にあることで交通の便が悪く、
法皇トンネルは昭和35年に住人の強い要望で作られた古いトンネルです。

私たちは友人が運転する車で四国を観光していて、
法皇トンネルを通ったのは、
愛媛から国道319号線を使って徳島に向かっていたからです。

国道だからと安心していたのですが、
トンネルは一車線しかなく、
道を間違えたのかと思ったら目の前のトンネルが正解で、
対向車が来ないことを祈りながらトンネルに入りました。

トンネル内にすれ違うスペースがあることを知って、
心に余裕が生まれたことと、
交通量が少ないことにも助けらながら、
トンネルを通過しました。

法皇トンネルの出口付近には意味ありげな石碑と電話ボックス
が見えて、
近くにはわりと立派な滝もあって、
なんだか怖い場所だなと言いながら私たちは国道を進みました。

トンネルの出口には漏水に注意という看板もあったのですが、
私たちは車に絵具を塗ったような汚れが着いているのを、
休憩で車を降りたときに見つけました。

こびりついたような汚れに見えて、
ウソだろ?落ちるのこれ?というような感じでしたが、
雑巾で拭くとあっさりとキレイに拭き取れました

法皇トンネルの出入り口
特に電話ボックスのある金砂側では、
作業服姿の男の幽霊が出る
という噂なのですが、
この時の私たちはこの話を知りませんでした。

ただ、汚れをふき取って黒くなった雑巾からいやなものを感じて、
その場で処分していました。

ただの汚れにビビり過ぎかと思っていましたが、
幽霊の話を聞いて、すぐに処分しておいてよかったと思っています。

関連する心霊スポット情報