この病院は、熊本県植木市にあった病院で
現在は閉鎖されている廃病院である。

病院のスタッフが自殺したとか、入院患者の孤独死が原因で
閉鎖となったと熊本県内では有名な心霊スポットで、
敷地内では看護師の幽霊が見えるらしい。

後は病院内の物を持ち帰ると、
「返して」と電話が掛かってくるというのも有名だ。

私はそれを確かめるべく友人と中に入ってみると、
落書きの多さで人が結構来ている事が判る。

そのまま中を探索するも至って普通の廃墟と言った印象しか持てない。
更に探索を続けると1階の奥に頑丈な鉄の扉があり中に入る。

そこは窓一つ無い部屋で霊安室だったのかなと推測出来る。
しかしここでは何にも無く私達は2階へと進む事にした。

2階は老人用の病院だったのか、畳が残っていた。
部屋にはカーテンが残ったいる所もあり風で揺らめいていた。

もしかしたら、これが看護師の幽霊の正体なのかと
ガッカリし更に探索するも何も無し。

そこでカーテンの一部を持ち帰る事にし1階へ階段を降りる。

ただ1つおかしい。
階段を上る時には無かった女の子の人形が階段の途中に置いてある。

見落とす様な場所では無いし、不味いなと帰る事にする。
そのまま外へ出て車を止めた場所まで細い道を通ると近くにある
警察犬訓練所の犬がけたたましく吠えている。

急ぎ足で車に戻ると、友人の携帯に留守電を知らせるメッセージが届く。
内容を確認してみると10件の無言電話が入っていた。

後で聞いた話だが、こちらの建物はその筋の人が所有しているらしく
見つかると不法侵入と因縁を付けられるというのも肝を冷やした。

関連する心霊スポット情報