琵琶湖を水源にもつ、
豊かな水が豪快に放水されることで有名な
京都にある天ヶ瀬ダム

天ヶ瀬ダムは自殺の名所と言われていて、
ダム湖では夜に自殺者の霊が泳いでいると言われています。

天ヶ瀬ダムが作る湖は、
近くに平等院があることから鳳凰湖とも
呼ばれているそうです。

最寄りのJR宇治駅から4kmの場所にあり、
旅行で平等院の他に何か無いかなと探した時に見つけて、
天ヶ瀬ダム→平等院→JR宇治駅でまわれるし、
変わっていて面白そうだと思って訪れました。

私達が訪れた時には放水はしていなかったのですが、
ダムの隣に同じぐらい大きな廃ビルがあって、
人気のない巨大な建造物が山の中にある景色に
気圧されてしまいました。

これで放水されていたら
もっと迫力があったんだろうねといいながら、
ダムの姿を写真に撮っていた時です。

あのおじさん大丈夫かな、湖をながめているから、
場所が場所だけに怖いよね

友人Kが私達から離れた所に人がいることに気がつきました。

向こうからしたらネクラそうな男が集団で
こんな所に来ている方が不気味だよと、
自虐ネタで盛り上がっていました。

旅行ということで浮かれていたのもあるのですが、
よくないことなんですが、記念にと言いながらKは
遠くのおじさんを写すように携帯を構えます。

そんな写真どうせすぐ消すのにと思いながら、
私たちはそろそろ移動しようかと話していると、
Kが深刻な顔をしておじさんが消えたと言ってきます。

カメラを構えたら画面におじさんがいなくて、
辺りを見ても移動しているおじさんの姿はなくて、
まさかと思ってダム湖の方を見ても飛び込んだような様子もないし、
とにかくおじさんが消えた

時間にすれば20秒ぐらいの出来事で、
Kが言うように消えたとしか考えられません。

天ヶ瀬ダムで検索すると灯りがともった夜景の画像がきれいで、
旅行前は何時か夜景もみたいなと思っていましたが、
ダムの上に並ぶ青色の灯りが今では寒々とした光に思えます。

関連する心霊スポット情報