現在地
ルートを検索

あれは、今から10年位前の出来事です。
男女4人で、肝試しに行こうという事になり車で千葉県の、八柱霊園に行きました。

時間は深夜に近かったと思います。完全に面白半分でした。

八柱霊園に入ると、不気味さはかなりありましたが、
友達も居るとあってか、楽しんでいたように思います。

辺りを見渡すと、墓、墓、墓。
広い霊園だったと思います。

以前から八柱霊園の噂は聞いており、門から子供が見てるとか、
全身黒焦げのものに追いかけられたとか。
地元の方にはとても有名な心霊スポットの霊園だと。

その中でも、13区と呼ばれる場所がありました。
なんでも、不幸な亡くなり方をしたとか何とかで、特に不気味な場所らしいです。

私たちはその、13区に向かいました。
霧雨がシトシトと降ってきて、不安が押し寄せました。

暫くそこに居ると、友達がもう行こうと去っていったのですが、
私だけ動けませんでした。

行くよ!と無理矢理引っ張られても、凄い力で座り込み私は離れようとしません。
何故か酷く、悲しい気持ちが押し寄せてきて、ずっとそこに居たいと強く思ったのです。

そのうちに友達3人がかりで抱え、立たされたので、
その瞬間物凄い勢いで私は霊園中走り回りました。

その時は、厚底のブーツが流行っており
10センチ以上もあるブーツで転ばずに走っていたのです。

普段ならば恐れながら歩いてたので、信じられません。
やがて泣き出し、ここに居たいと泣き叫ぶ私を友達が抱え、車に乗り込みました。

社内でも、帰りたい帰りたいと連呼し泣いていました。
記憶はあります。

しかし涙が止まらず、霊園に居たかったのです。

時間が経ち、落ち着きましたが今でも不思議です。
あれから二度と、八柱霊園には行っていません。

関連する心霊情報