現在地
ルートを検索

長野県長野市の有名な心霊スポットとして
嫁殺しの池(嫁池)」と呼ばれる池があります。

今から約10年ほど前にはなりますが、
当時高校生だった私の兄は友達から肝試しに行こうと誘われ、
嫁殺しの池へ行くこととなりました。

しかし、急遽予定が入ってしまった兄は行けなくなってしまい、
結局友達のA君(男性)、Bさん(女性:Aの彼女)、
C君(兄とAとBの友達)の3人でその嫁殺しの池へ行くことになりました。

そして、この話は後日当事者であるCから聞いた実話です。

当時、兄とその友達はだいぶやんちゃしていたこともあり、
学校からは禁止されていた原付に乗って深夜にノーヘル、
しかもAとBは二人乗り
という始末で嫁殺しの池へと向かいました。

嫁殺しの池へ行く途中、薄気味悪いトンネルがあり、
そのトンネルの近くにはお地蔵様がいたそうです。

何を思ったか先頭を走っていたAが急に原付を降りて、

そのお地蔵様へと駆け寄り、
お地蔵様の近くでバチ当たりなことに排尿し始めました

さすがにそれを見たBとCは「それはマズいよ…」と言いつつも、
Aはヘラヘラ笑っていたそうです。

その場では他に何事もなく、
そのまま目的地の池へと到着。

池の周りをぐるぐる周りましたが、
これといった心霊現象は起きずに結局帰ることになりました。

「つまんねー。帰ろーぜ」と不満そうにAが愚痴をこぼしつつ、
BとCも一緒になって帰ることに。

その帰り道のことです。

トンネルを抜けて10分ほど経ったくらいの開けた広い道を
原付で走るAとC(Bは行き同様にAと二人乗り)。

何もないところで、急にAが運転していた原付が
明らかにおかしいくらいの勢いで横転

まるで何かにひっくり返されたかのような
今まで見たことないほどの物凄い勢いで横転したそうです。

途端に辺りの道周辺は真っ赤な血で染まり
すぐさまCが救急車を呼びました。

しかし、結局そのままAは帰らぬ人となりました

なのに、一緒になっていたBは不思議なことに
ほぼ無傷の状態だった
そうです。

お地蔵様に罰当たりな行為をしたことの報いなのか、
安易な気持ちで心霊スポットへ行った事のバチが当たったのか

どちらにせよ兄が二度と心霊スポットへ行くことはないと
決意したきっかけとなった事件
でした。

この事件は当時、小さい欄ではありますが、
新聞にも載ったそうです。

ちなみに、この場所「嫁殺しの池」は昔、
意地悪な姑が嫁に1日で田植えを終わらせなさいと無理な重労働を言いつけ、
過労で命を絶った嫁の周りで水が噴き出し、
池となった
…という説話が言い伝えられているそうです。

だから、名前が「嫁殺しの池」なのだとか。

その嫁の怒りを鎮めるために、
池の近くには小さなほこらも建てられているとのことです。

この言い伝えが本当かどうかは別として、
物騒な名前の池と言い、近くにあるほこらと言い、
お地蔵様と言い、この池には「何か」があることは間違いなさそうですね。

関連する心霊情報