現在地
ルートを検索

宮城県白石市から小原温泉を通り、
七ヶ宿町へ向かう道路があります。

その途中に小原街道があります。

小原街道沿いに小原温泉街の入り口までの間に、
小原トンネル1号、2号、3号、4号があります。

地元では、1~4号のどのトンネルも噂話はあるのですが、
特に3号トンネルでの噂話が多いようです。

小原3号トンネルでは、深夜に車で走っていると
バックミラーに男の幽霊が映る
とか、
白装束の女がトンネルの中央で立ち尽くしていたとか、
トンネルをどこまで進んでいっても出口が遠ざかり
ハンドルが効かなくなってトンネル内に衝突
した。
なんていう数々の噂話があります。

私が、白石市在住だった頃、普通自動車の免許を取得した際、
深夜、小原街道へ友人と向かいました。

今思い返せば、何であの時、
小原街道へ向かったのか分かりませんが。
確か、目的や目標は無く向かったと思います。

まず初めの小原1号トンネルを抜ける時に、
妙な感じ
がしました。

そして、小原2号トンネルの入り口から出口へ抜けるまで、
ずっと何かに見られてる感じ
がしてました。

小原3号トンネルでは、変な汗が出てきて、
具合が悪いようなそんな感じ
がして、
トンネルを抜けた後に車を路肩に停車しました。

友人が「どうしたの?」と

私の顔を眺めたその時、
ぎゃっ」と叫びました。

友人の視線は私ではなく、サイドガラスに向けられていました。
恐る恐るサイドガラスに目を向けると、そこにが立っていました。

無表情で昔の人のような格好だったと思います。

友人の「は、は、早く行こう」という掛け声で、
急いで車を発進させました。

その後の事は無我夢中であまり覚えておりませんが、
何とか家路に着きました。

ショックな出来事で、心の整理が着いた後に
自分なりに小原トンネルの事を調べました。

小原街道は山に囲まれた断崖の場所に道路を切り開いた経緯があり、
沢山の方が亡くなっている
そうです。

トンネルの採掘に携わった人を
そのまま生き埋めにしたらしい
という話も聞きました。

その怨念が今でも宿っているのでしょうか?

関連する心霊情報