現在地
ルートを検索

私が体験した話です。
高校生の時に友人と二人で知覧特攻平和会館を訪れました。

発端は友人の兄の写真。中学の時の遠足の写真でした。
その写真には片足が写ってない子がいました。

うちらで行って写真撮ってみよう!』好奇心からでした。

知覧特攻平和会館には遺品などがメインで、
母親に宛てた手紙や着ていた制服などもありました。

『ママー!恐いー!』近くにいた2~3歳の子が泣き出した。
『何も恐くないでしょ?』宥めるように子供に言っていた母親でしたが、
恐い!お髭の人が見てる!』そう言って指をさしたのは天井

『…変なこと言わないよ!』と言うと、母親は子供を抱っこして
そそくさとどこかに行ってしまった。

私は友人と顔を合わせて『マジか…』とだけ呟いて
また見学を再開した。

私は子供って本当に見えるんだなぁと感心していた時だった。

『…うっ。ぐっ。』猛烈な吐き気。胃がぐるぐるするような、
下から押し戻してくるような吐き気。

口元を手で押さえて歩く。しばらくすると治まる吐き気。
かと思ったらまた吐き気。

友人が大丈夫?と背中をさすっていてくれていたけど、
吐き気を繰り返すうちに手が止まった。

ねぇ…吐き気があるとこさ…遺書とか手紙のとこなんだけど…。
『え…?』二人で再び顔を合わせると無言で出口まで急いで歩いた。
なのに自動ドアの前で私の足が勝手に止まった。

帰りたい…帰りたいのに…帰れないよぉ…
口が勝手に思ってもいない事を言って涙が溢れた

帰りたいよぉ…ここから出たいのに…出れないの…
また口が勝手に思ってもいない事を言いました。

自動ドアの前で泣き崩れる私を友人が抱えて連れ出してくれた
あの時の体験は不思議な体験でした。

勝手に喋り、勝手に泣いてしまったのは何故か。
帰りたい、出たいのに出れない。

それは…恐いというより悲しい歴史に散ってしまった人達の
無念の言葉かもしれないですね。

関連する心霊情報