現在地
ルートを検索

友人から聞いた話です。

夜、友人二人(A、Bとします)が筋トレがてらに
砂山ビーチへ行った時のこと。

砂山ビーチ特有の急こう配な砂山を上り、
海へ向かって降りるというトレーニングを行うことが日課で、
その日も二人でトレーニングを黙々とこなしていました。

何往復かしところ、海のほうからバシャバシャと
水音が聞こえてきました。

魚かな?とAは不思議に思い、
Aが海岸を見つめると男の人が溺れているのが見えました。

ここのビーチは波が荒く、サーフィン好きな人や
浅瀬で水中ジョギングをしている人が多いので、
この時間にい人がいることにさほど驚きはしませんでした。

体力に自信のあったAは、急いで溺れている男性の元へ。
しかし、Bが必死に止めて救助に向かわせてくれません

何してんだよ!B!離せよ!!」Aが言っても
BはAを離してくれません。

「人が溺れているんだ!」「男の人が見えるだろ!」
「お前も一緒に助けろよ!」Aが叫ぶと、
Bが「なんで男がいるって見えるんだよ!!!!

そこでようやくAはハッと我に返りました

砂山ビーチは外灯がなく
月明かりがない限り周りが見えないのです。

急に怖くなったAはBと海を上がり、男性のほうを振り向きました。
男性は溺れていました笑顔で・・・。

この砂山ビーチは過去にサーファーがサメに襲われ
男性が亡くなっているが、それ以前から海で足を引っ張られたとか、
シャワールームに女の人がいる・・・等心霊話が後を絶ちません

関連する心霊情報