現在地
ルートを検索

大原町の大神子海岸はJR徳島駅から車で30分、
日峯大神子広域公園の北側にある海岸です。

松林の広がる砂浜は釣り場として知られていて、
松林の奥はデイキャンプ、
遊歩道が整備された岬はウォーキングなどが楽しめます。

一見すると穏やかな海ですが、
海の中は潮の流れが複雑で、
多発する水難事故を防止するため、
この海岸で泳ぐことは禁止されています。

これは台風が関係した事故ですが、
帰省中の家族6人が波にさらわれた事故が1992年におきています

なまじレジャーが楽しめる場所にあるだけに、
2015年には海で泳いでいた女性が亡くなっていたり
この場所で事故をなくすのは難しいものがあるようです。

それはまだ太陽が浮かぶ前、
空が明るくなって魚がエサを探して泳ぎ始める時間帯のことです。

このところ大神子海岸がよく釣れると聞いた釣り好きのMさん、
まだ真っ暗な時間帯から家を出て、
魚がエサを探し出す時間に合わせて大神子海岸へ入ります。

海岸にはすでに釣り人が何人かいて、
これは期待ができそうだと喜んだものの、
Mさんの釣り竿には魚が掛かりません

好調そうな他の釣り人をチラ見して、
なんだよと悪態をついても、
Mさんの釣り竿はピクリとも動きませんでした。

空も随分と明るくなっていて、
時計を見れば日の出までもうすぐという時間です。

これは粘っても無駄だな。

そう思ったMさんは大きく息を吐き出し、
帰り支度をするために釣り糸を巻き取ろうとすると、
海の色が違うのに気が付きます

空が明るくなって海の色も青味がましていたのに、
Mさんが狙っていたあたりだけ、
海は夜のままだったのだそう
です。

釣り糸を巻き取る手は休めずにジッと海を見ていると、
小魚の群れが散っていくように、
黒いモヤッとしたものが広がるように消えた
Mさんにはそんな風に見えたそうです。

こんな事は初めてで、
釣り仲間の話でも聞いたことがありませんでしたが、
Mさんにはそれが良くないものだと感じられたそうです。

それから黒いモヤッとしたものは見ていないのですが、
Mさんは夜の海が少し怖くなったそうです。

関連する心霊情報