現在地
ルートを検索

小笠山憩の森はJR掛川駅から南にある公園で、
駅からそれほど遠い場所ではないのですが、
畑の中を通る道路は通りやすいとはいえず、
利用者のいない公園には寂しさだけが漂っていました。

小笠山憩の森に整備された遊歩道には、
トンネルが3つある
ことから、
三連トンネルと呼ばれることもあります。

心霊スポットは
トンネルを抜けてすぐのところに設置されたトイレ
で、
少女が犠牲になる事件がおきてしまい、
それから少女の幽霊を見た・声が聞こえた
そんな体験をしてしまうことがあるそうです。

噂のトイレには『この水は飲めません』と洗面台に張り紙があって、
蛇口を捻って水を出すとパイプのサビが溜まっていて、
気持ち悪い赤色の水が出るのを見ると、
本当に利用する人がいないんだなと実感しました。

水の色が透明になっても、
この水で手を洗う意味ってあるのかを悩んだのですが、
やっぱり手を洗わないと落ち着きません。

それで事件がおきたトイレの水で手を洗うと、
最初は水が涼しくて気持ちよかったのですが、
水と混じるようにして氷のような冷たさが絡みついてきたのです。

それは手から染み込んで手首から腕へと登っているようで、
私は洗面台から飛ぶように離れるのがやっとで、
そのままの体勢で蛇口から流れ出ている水から
目が離せなくなっていました。

このときは一緒にいた友人たちに助けられましたが、
とても迷惑をかけてしまったこともあり、
この出来事からは、
こういうウワサのある場所には絶対に行かないようにしています。

関連する心霊情報