現在地
ルートを検索

JR立川駅から線路に沿って東にいくと、
自動車教習所の北東あたりに、
一体の地蔵発心地蔵尊)が祀られています。

今は高架下になっていますが、
昔は線路がこのあたりの地面を通っていて、
地蔵が見つめる先は踏切でした。

キッカケが事故だったのか、
自ら飛び込んだのかはわかりませんが、
気がついた時には、自殺・事故が多発する踏切
野沢踏切)になっていたようです。

昭和のはじめごろに地蔵が置かれたそうですが、
自殺がなくなったのは、
この場所が高架に工事されてから
なのだそうです。

それは雨の降った日で、
友人を訪ねた後の、
夜の帰り道でのことでした。

夕方からポツリと降り始めた雨は、
その頃にはだいぶ強くなっていました。

高架下のあたりに、
全身ベージュの目立つ人の姿があるのを見て、
カッパを着て何かの作業かと思ったのですが、
ベージュの人影は高架を支える柱に消えていったのです。

そんなことがあるわけない、
見間違いだろうということにした私は、
深く考えないようにしたのですが。

高架の近くにある発心地蔵がつくられた経緯だとか、
知りたくもない話はすぐに私のところにやって来ました。

それ以来、日が沈んでからは高架下は通れなくなって、
昼間だとあたりをやたらと見渡すようになってしまいましたが。

私がそういうものを見たのは、
この雨の降る日だけです。

今でも地蔵が見つめる高架下あたりでは、
その場所で亡くなった方達がさまよっているというウワサですが、
私はそれを否定することができません。

関連する心霊情報