現在地
ルートを検索

2013年10月のことです。

中国自動車道でおきた事故が、
全国規模のニュースとして取り上げられました。

場所は美祢ICと美祢西ICの間の下り線
伊佐PAを過ぎて少しの、
右に大きくカーブしたあたり
です。

それはこの場所で一台のバンが事故をおこし、
運転手の男性と同乗していた男性の二人が亡くなった
というものでした。

この事故が大きく取り上げられたのは、
この車を運転していた男性が芸能人、
ピン芸人の『桜塚やっくん』だったからです。

そしてこの事故をきっかけにして、
この場所が事故多発地帯であることが、
広く知られるようになります。

桜塚やっくんが事故をおこした、
大きくカーブしたあたりの中央分離帯
には、
擦り付けられた跡がいくつも残っていて、
桜塚やっくんの事故の直後にも、
怪我人がでる事故がおきています

芸能人が事故をおこしたことで、
写真や動画を撮影する人が出てきたのですが、
事故多発地帯だったこともあり、
心霊現象がうつされることもあるようです。

それがいつ撮影された動画かはわかりませんが、
心霊現象がうつっていると言われて、
私が見た動画もこの事故現場を撮影したもの
でした。

その動画は、
車内から撮影された数十秒ほどの短いもので、
中央分離帯の方を向いていたカメラを車内に向けるときに、
外の景色に奇妙なモノが捉えられていました。

それは画面端に捉えられた、
反対車線の方から向かってくる、
薄い灰色をした握りこぶしぐらいの大きさの塊でした。

カメラを動かしながらの画面端で、
それはハッキリとはうつっていません。

虫にしては大きすぎるし、
なによりも不思議なのが、
薄い灰色のそれは、
空中に急にあらわれていることでした。

それは今でも謎の物体とか、
謎の現象としかいいようがないものでした。

2017年、桜塚やっくんのブログは残されていて、
最後の記事へのコメントが更新され続けています

事故多発地帯で人が亡くなる事故がおきないよう、
対策が取られることを祈らずにはいられません。

関連する心霊情報