現在地
ルートを検索

その道では事故が多く
その道が使われなくなっても、
事故が多かった理由がわからなかったそうです。

淡路島の洲本市にある横尾トンネルは、
洲本市の中心部から県道46号線を北に進んで、
神戸淡路鳴門自動車道や、
油谷薬師の水を通り過ぎた先にあるトンネルです。

全長約200mの横尾トンネルは、
淡路島で一番長いトンネルでした。

すぐ南に新しい道がつくられたことで、
横尾トンネルを通る道は廃道になっているのですが。

この廃道になった300mくらいの道で、
なぜか事故が多発していた
のだそうです。

バイク好きの友人から聞いた話なのですが、
横尾トンネルに続く廃道の入り口は、
チェーンが張られているわけでもなく、
県道46号線からスッと入れるようになっているとのこと。

友人は県道46号線をバイクで通るたびに、
なんとなくこの脇道が気になっていたのだそうです。

それである日、
友人は脇道から廃道に入って、
横尾トンネルの入り口まで行ったそうです。

入り口に設置された金属製の格子戸が、
人が通れるぐらいに開いていたそうです。

トンネルの中には空の棚がズラッと奥まで並んで
棚がホコリにまみれるほど放置されていましたが、
壁や天井が崩れている様子はありませんでした。

そのままトンネル内に入ることも出来たのですが、
友人はそれができなくなっていました。

友人は横尾トンネルの手前あたりで、
背中にジンジンとした違和感を感じ。

背中の違和感はトンネル入口のあたりで、
痛みの手前ぐらいの強くこわばったような、
とても不快な感覚になっていたのです。

もしもここで動けなくなったら、
だれにも助けてもらえない。

不安から友人が県道46号線まで戻ると、
背中の違和感はスッと消えたのだそうです。

横尾トンネルで幽霊をみた

私がこのウワサを知ったのが最近のことで、
その事故の多さから、
昔から横尾トンネルは何かがおかしいと言われていたようです。

友人が感じた背中の違和感は、
なにかを知らせる信号だったのかもしれません。

関連する心霊情報