現在地
ルートを検索

小松市から金沢市に向かって県道55号線を通っていると、
小松市を抜けて能美市に入ったばかりのところに、
一本の古いトンネルがあります。

この古いトンネルがある場所は、
県道55号線にある無患子トンネルのすぐ横にあり、
現在使われている新しいトンネルができるまでは、
この古いトンネルが無患子トンネルと呼ばれていました。

県道55号線から狭い旧道に入り、荒れた道を進むと、
出入り口が鉄格子で塞がれた旧無患子トンネルにたどり着きます。

もう昔の話なのですが、私は友人が運転する車に乗って、
5人でこの場所に訪れました。

鉄格子をはめ込んで、しっかりと封鎖された出入り口。
壁から水が染み出して、地面に水が溜まっているトンネル内部。。。

私たちは昼間に訪れたのですが、この場所の放つ空気に、
私は息が詰まるような感覚を覚えていました。

何よりも奇妙だったのが、電波が入ったり入らなかったりで、
それもどのキャリアも同じように不安定だったことです。

山の中でもつながりやすいD社の回線なのに、
一人は繋がって一人は圏外だったり、二人とも圏外だったり。
他のキャリアも同じような感じで、とにかく電波が不安定だったことです。

県道55号線から細い道に入る前、
荒れた道の途中で写真を撮っていたときには、
電波が安定していたのに。。。

それほど距離があるわけでもないのに、
トンネル出入り口に来ただけで、
電波のつかみが不安定になっていました

気がつくと、着信を知らせるランプが点滅していたのですが、
履歴にはどこからも連絡が来ていませんでした。

私達が訪れたとき、実はフェンスに鍵がついていませんでしたが、
私たちはトンネルに入ることはできませんでした。

関連する心霊情報