現在地
ルートを検索

ホラーマンガで有名な楳図かずおがどこで育ったかご存知ですか?
奈良県五條市です。

マンガに登場する数々の恐怖キャラは、
おばあちゃんから聞かされた地元五條市に伝わる怪談に影響されたそうです。

これ本当、テレビのインタビューで言ってました。
そんな怪談があふれる奈良県五條市の心霊スポットを紹介します。

幻の鉄道「五新鉄道」にある生子(おぶす)トンネル

幻の鉄道、なんだか心霊の香りがプンプン!五新鉄道、
今は五新線と名を変え、最近までJR西日本や
奈良交通のバスが走っていました。

鉄道なのにバス!?と思った方、
五新線は線路のない鉄道なんです。

大正時代に奈良県五條市と和歌山県新宮市を結ぶ五新鉄道が計画され、
五條市から工事が始まりましたが、レールも敷かれることなく、
工事は中断したそうです。

そのため、線路を敷く場所が道路になり、
そこを電車のようにバスが走っていました。

1車線のアスファルトの道路ですが、バス専用道路なので、
一般の車は進入禁止。なんと踏切まであります。

生子トンネルは五條市と旧西吉野村の境界にあります。
長さは800m以上。

1車線の道路の先に真っ暗な入口がポッカリ空いています。
トンネルには電灯がないから墨で塗りつぶしたように真っ暗。

まさに闇。みつめていると「おいで、おいで」と手招きされているよう。
勝手に足が動き出す、思わず突入してしまう。

夜だと、真っ暗すぎて入口が分からないんです、これ本当です。
空気がすぅとひんやりしたらそこがトンネルの中。水が滴る音しか聞こえません。

そこで懐中電灯を消してみてください。

闇ってこんなに暗かったのか、隣にいる人はもちろん、
自分の手も足も何もかも全く見えない。

あまりの闇の深さに冷や汗が出る。

五新鉄道の建設は急峻な山を切り開く難工事だったそうで、
トンネルに入れば殉職者のうめき声が聞こえるという噂も。

そして工事中断という悲しい現実、
夢が潰えた地元有志や住民の怨嗟がトンネルに充満しているとか…。

そんなことを思いだすと、もう恐怖すぎて涙が出る、
方向を確認して、逃げるように出口へ。

こんな闇、こんな静寂、こんな恐怖、体験したことない。

関連する心霊情報