現在地
ルートを検索

米沢市の南、李山のあたりにある舟坂峠には、
安産にご利益がある地蔵舟坂安産地蔵尊)があります。

舟坂峠は、今でいう県道2号線のことで、
昔から米沢に続く主要な道路として、
多くの人に利用されていました。

旅の途中だった妊婦が、舟坂の峠道で産気づき、
ひとけのない峠で無事出産したことから、
この場所にお堂が建てられたのだそうです。

今でも、妊婦が訪れるという話ですが、
このお堂には出るのだそうです。

女性の幽霊が、赤子と一緒に

舟坂峠は舗装されているものの、
見通しが悪い上に、右に左に折れ曲がり。
場所によっては、枯れ葉がカーペットのように積もっています。

タイヤの通ったあとがあるので、車は走っているみたいですが、
舟坂の峠道に入ってから、他の車の姿は見えませんでした。

どうやら地蔵は作りなおされたみたいで、
まだキレイな姿をしていて、歴史を感じさせるお堂には、
真新しい赤色のよだれかけが結ばれていました

人の気配を感じない、寂しさのある場所でしたが、
今も安産祈願に訪れる人がいるのは間違いないようでした。

一緒にこの場所に来た友人Yが、
「ネコがいるのかな、鳴き声がきこえる」とさえ言わなければ。

私たちは、来たときと同じように、
ヒドイ道にわーきゃーと騒いで帰るだけのはずでした。

その鳴き声を聞いたのは友人Yだけで、
私たちは幽霊に怯えながら、
ヒドイ道を帰ることになってしまいました。

どうして舟坂安産地蔵尊に、幽霊が出るのか

実は旅の妊婦は子供と一緒に亡くなっていたとも、
この地蔵に安産を願ったのに、
子供を産むことなく亡くなった方がいる
ともいわれています。

関連する心霊情報