現在地
ルートを検索

北海道市の東隣、江別市の高砂町には、
高砂駅を見守るように設置された地蔵があります。

その地蔵は、塔のような大きな土台の上に、
小さな地蔵が乗っているので、
一見するとに見えてしまいます。

この地蔵は、電車に向かってホームから飛び降りた、
鉄道自殺者のために設置されたもので、
地蔵がのっている台座には、
鉄道轢死者』と刻まれています。

駅の改装をおこなった際に、
今の場所に移動されました。

元々設置されていた場所に、
花を供える人がいて、そのことを知らないと、
何か事故が起きたように見えるそうです。

地蔵が設置されたのが昭和3年のことで、
その当時の詳しい様子はわかりませんが、
自殺者の霊が仲間を増やしている

そんなふうに、
人びとがウワサするようになるまで、
自殺が続いていたのだそうです。

知り合いが昔、
この高砂駅を利用していたときのことです。

電車を待つ間に、
友人の顔を写真に撮ると、
友人の後ろにいた人たちも写っていたのですが。

同じように電車を待っていた人たちよりも奥。

動いていて、
ブレて写り込んだ人に隠れるようにして、
電車が来る方に体を向けた後ろ姿が見えます。

ところが、
実際のホームには、
その場所に人の姿はなかった
そうです。

地蔵が設置されてから、
数は少なくなったものの、
高砂駅での人身事故は止まらず

人身事故が珍しくなるまでには、
かなりの時間が必要になり。

地蔵に見守られているからなのか、
少なくとも、2010年から2016年まで、
人身事故は起きていません。

それでも、
今も高砂駅が心霊スポットと呼ばれています。

多くの人が利用する施設なだけに、
ホームや地蔵のあたりに何かを感じる人は少なくなく。

自殺者の魂は、
今も高砂駅にとどまったまま
なのだと思います。

関連する心霊情報