現在地
ルートを検索

宮崎市街地から国道220号線を南へ進み、
ゴルフ場を過ぎてしばらく進むと、
県道377号線に入る信号機のある交差点があります。

そこから県道377号線に入って道なりに進むと、
西から北に戻っていく大きなカーブの左手側に、
青島グリーンパークと書かれたゲートが見えます。

青島グリーンパークは、
宮崎市折生迫の森の中にある宿泊レジャー施設だった場所で、
廃業した今でも、森の奥には建物だけが残されているようです。

道を間違えた私たちが、
ここならUターンができると思ったのが
満開の桜が咲いている広場のようになっていた、
青島グリーンパークのゲートでした。

やや古めの看板の下を通って広場に入ると、
花びらが桜の木から風に運ばれていって、
それがすごくきれいだったのですが、
道を引き返す前に花見をしていたら、
Aさんの右目から涙があふれだしてきたのです。

病院ではドライアイと診断され、
スマホの使用を控えるように言われましたが、
Aさんは連絡以外にスマホを使わない人で、
視力も1.5で、目のかゆみとかそういう事も思い当たるふしがなく、
ドライアイと言われてもピンときませんでした。

ゲートから続く森の奥には何があるのか調べると、
レジャー施設だった廃墟があることと、
この場所がヤバイと感じる人がいることが分かりました。

事件、事故が起きたのかまでは調べることはできませんが。

青島には堀切峠や幽霊病院といった心霊スポットがいくつかあり、
幽霊が集まってくる理由があるのかもと思うと、
胸がざわついてしまいます。

関連する心霊情報