現在地
ルートを検索

清滝トンネルは、京都では有名な心霊スポットです。
になるといろんな所から肝試しにくる人が多いようです。

トンネルにはいろんな説があり、
女性が上から降ってくる女性の生首を見たとか
信号が赤だったら大丈夫だが、青だったら霊が呼んでいるので危ないなど、、、

友達3人と私で暇だしお金もないし清滝トンネルでも行く事になりました。
私は何度も行っていましたが私自身は見た事がないので
また大丈夫だろうと思っていました。

トンネルの中ではいつも通り何も起こらなかったので
トンネルの先にあるバス停に車を停めておしゃべりをしていました。

その時私は助手席に座っていたので運転席と後部座席の方に向かって話をしていました。
ある一瞬 ん??と思ってもう一度運転席の方に目をやりました。

何を疑問に思ったのか自分でもよくわからなかったのですが
しばらく見ていると窓の外の木に白い木の枝が一本あるのが見えます。

その時は あっ!木の枝。と思ってまた普通におしゃべりに戻ったのですが
やっぱり少し気になるのでもう一度よく見ると
何だか木の枝にしては不自然な輪郭に見えます。

やっぱり木の枝じゃない?!
とは思ったけどタオルとかビニール袋だろう
と思ってまたおしゃべりに戻りました。

しかしどうしても気になるので、少し前かがみになって
窓を見つめると白い女性がこちらを睨みつけています。

私は今まで霊を見た事はたくさんありますが
初めて殺気を感じました。

このままだったら殺される!!
と思った私は後部座席に飛び移り、車を出して!!
と叫びました。

皆は、「また脅かそうとして~。」
と冗談だと思っています。

するとナゼかが出てきました。

それを見てやっとただ事じゃないと思ってくれたのか
車を出してくれました。

車を出すのにエンジンをかけた時に、
今までに経験した事の無いほど耳鳴りが襲ってきました。

車が清滝トンネルに入る前に後ろを振り返ると
その女性は車の後ろ5メートル程の所にいました。

その後コンビニで塩を買い玄関に入る前に
頭からかけてもらってから家に帰りました。

その後は何事もなく現在も暮らしていますが
あの時一瞬でも車を出すのが遅かったらどうなっていたかと思うと
背筋が凍ります。

関連する心霊情報