現在地
ルートを検索

あれはもう20年も前の事、
大学や専門学校へと進学していた先輩達が夏休みを利用して帰省し、
私を含めた11人という大人数で、車5台を出動させてドライブを楽しんでいた時の事です。

先輩の一人が「青森三戸トンネルがあり、昔、若い女性がスカイラインで連れ去られ、暴行され、そこで自殺をしたという鳥居がある。そこに行ってみないか?」という話を持ち出しました。

私達は、若さという勢いもあり、
真夜中に私達は車5台でその心霊スポットへと向かったのです。

三戸トンネルの手前から、街頭という明かりが一切、道を照らす事がなくなりました。

本当に薄気味悪いトンネルで、そこを抜けると、
まるで「八ツ墓村」を思わせるような部落が見え始め、
屋根は全て茅葺の作りで、夜中という事もあってか、
そんな民家に明かりは全くありませんでした。

通りぬける事ができない村だったので、
その村を一周してから三戸トンネルに戻ろうとした時、
トンネルへの戻り口に、先輩の話にあった鳥居が見えました。

そこに、「行ってみよう!」という先輩の一言でその鳥居まで行きました。

先輩の一人が、その鳥居に向かってロケット花火を発射しました。
するとY君が「俺、霊感が強いんだ。何か玉のような光が来る。
俺に向かってる。あ、俺を通る!」と言ったのです。

私達は、「やっぱりヤバイんじゃない?」と言い、
すぐさま、そこを立ち去りました。

帰り道、国道にある自動販売機が並ぶ空き地にみんなで集合し、
「恐かったね?」と互いに恐怖だった気持ちを確認するように
ジュースを買って帰ろうとしました。

すると、1台の先輩の車が、前進したはずが自動販売機にバックで突っ込みました。

また別に、路上で、一緒に来ていた車同士2台で玉突き事故を起こしてしまい、
これで5台中の3台の車が傷を負ってしまいました。

次の日、あのY君の車は、大事故で大破してしまい、
頭を強く打ったY君は、植物人間へとなってしまいました。

これが、5台中の4台目です。

残り、私の車には何も無かった…とホッとしながら私の車をよくよく見てみると、
車のボディーに、無数の手型が何個も付いていたのです。

それから数日は、信号待ちの私の車を平手で叩くような音が聞こえると思ったら、
それから一週間後、私の車は電柱へと刺さり、廃車となってしまいました。

でも、私には、私の車が電柱へと刺さってしまうとなった記憶は全くないのです。
これで、5台全部の車が、損傷してしまったのです。

死人は出なかったとは言え、全ての車が残念な形になったのです。

関連する心霊情報