現在地
ルートを検索

高館山にある塔のような展望台で、
内部の螺旋階段を降りているときに、
ここが自殺の名所で、
夜になると幽霊が出ると聞きました。

「窓に立つ、首が大きく曲がった女の幽霊を見たって言うんだ」
「展望台に訪れる人間を、じっと見てくる男の幽霊が」

その手の話に動揺するようなのは私達の中にいなかったし、
何しろ昼間ということもあって、
心霊の話題をゲラゲラと笑いながら下まで降りました。

高館山展望台は鶴岡市にある高館山にある、
塔のような外見が特徴の展望台で、
私達はドライブでこの場所に訪れていました。

塔から出た後も、
少しふざけながら歩いていたんですが、
足の裏に違和感を感じたのです。

歩くたびに、
足の指の少し下あたりだけが地面につかなくて、
足をあげるときも違和感があります。

こんな所でガムを踏みつけた、
しかもこの感触は相当でかいガムだということに、
私はうんざりしながら、
「うぁ、ガムふんだからちょっと待って」
と言って靴の底を見ます。

さっきまで確かに、
靴の底に何かが張り付いている感触があったのに、
靴の底には何もありません。

勝手に取れたのかと思って、振り返って地面を見ても、
ガムとかそういう張り付きそうなものは落ちていませんでした。

とっさに友人達には気のせいだったと言って、
なにも無かったようにそのまま帰ったのですが、
私の頭の中では、いったい何が起きたのだと慌てていました。

幽霊の話をしていると、
そこに幽霊がやって来る
といいますが、
螺旋階段を下りながら幽霊の話をしていたから、
この場所で自殺した人の幽霊が集まった
のでしょうか。

関連する心霊情報