現在地
ルートを検索

東京都大田区の池上本門寺というお寺の近くに、
通称「首吊り坂」と呼ばれる坂があります。

本当の名前は、妙見坂というらしいのですが、
昔、坂の上の住宅地で首吊りがあったという噂があり、
人魂の目撃情報があったことから、「首吊り坂
という名の心霊スポットとして知られているそうです。

首吊り坂の周辺は街灯がないため、夜になると真っ暗になるので、
以前から通りたくない道として、なんとなく避けていました。

一年ほど前、その坂の近くに住む、
友人の家に遊びに行ったときの話です。

友人宅からの帰り道、冬だったので、
まだ6時くらいなのに、外は真っ暗でした。

友人宅を出て、ひとり歩いているとき、
あの首吊り坂だけは通りたくないな」という想いが、
頭をよぎったのですが、あまりこの近辺に来ないせいか、
少々道に迷い、つい首吊り坂の前に来てしまっていたんです。

私も大人なので、怖がってわざわざ来た道を引き返すのも、
ばかばかしいと思い、気にせず坂を歩きだした瞬間です。

突然、後ろから走って近づいてくる大きな足音が聞こえました。
驚いて振り返りました。

しかし、そこには誰もいませんでした

スマートフォンの灯りをつけて、周辺を見回してみましたが、
どこにも人影は見当たりませんでした。

背中に強い寒気を感じ、そこからすぐに立ち去ろうと思いました。

足早に首吊り坂を抜けて、通行人も少しはいるところまで、
来た時にやっとほっとしたのですが、その日は、家に帰ってからも、
何だか誰かに見られているような気がして寝付けませんでした。

首吊り坂から
何か連れてきてしまったのかもしれません。

関連する心霊情報