現在地
ルートを検索

群馬県の大間々地区と高津戸地区を結ぶ、
渡良瀬川に架かる鱍瀧橋(はねたき橋)は、
1994年に架け替えられる前は吊橋でした。

今ではピラミットのような構造が目を引く、
周囲には遊歩道も設けられた、
ちょっとした観光スポットになっていますが、
吊橋時代のはねたき橋は、
多い時で一月に二桁の投身自殺があったとウワサされる、
群馬の自殺スポットとして知られていました。

これは友人たちとのドライブで、
はねたき橋を訪れたTちゃんの体験です。

Tちゃんたちは、
遊歩道では敷かれたタイルに描かれた、
色んな草花をみて、橋の上ではピラミットの形をした構造や、
渡良瀬川をみおろす景色を楽しんでいました。

その時、
Tちゃんは一番後ろを歩いていたのですが、
急に髪の毛を引っ張られたそうです。

慌てて振り向いたのですが、
そこには誰もいません

Tちゃんは気のせいだと思いたくても、
頭が動くほどハッキリとした感覚が残っています。

涙目で髪の毛を引っ張られた事を話して、
Tちゃんを真ん中にして歩いていると、
Tちゃんの携帯に着信があります。

Tちゃんのお父さんから電話がかかってきたのですが、
Tちゃんから電話があったけど急にどうしたんだと心配そうです。

Tちゃんは履歴を確認しましたが、
お父さんに電話をかけてはいません。

パニックになったTちゃんは泣き出して、
友達になだめられながら帰宅しました。

はねたき橋以外では、Tちゃんのまわりで、
不思議な出来事はおきていません。

はねたき橋で身を投げ出したのは、
全員女性だった
という話があります。

はねたき橋で自殺した幽霊達は、
同じ女性を仲間にしようとして、
Tちゃんを引っぱったのかもしれません。

関連する心霊情報