地図の中心へ
ルートを検索

この道は誰も通らないから、
無理やり女の子を襲う事件が起きている。

そんなウワサはきいていましたが。

下仁田トンネルまでの道を自分が実際に通ると、
道幅が狭くて何もない、誰も使わない寂しい道路で、
下仁田トンネルで強姦殺人があったというウワサも、
事件が本当にあっても不思議では無いと思います。

停車する時に、
車の向きをすぐに逃げられるようにしてから、
トンネルに近づきました。

トンネルの入り口には『小坂坂トンネル』と書かれていて、
場所を間違えたのかと思ったら、
下仁田トンネルの方が通称だったようです。

トンネルの全長は100m程で、
肝試しがすぐに終わってしまう。

私たちは、
そんな軽口を言いながらトンネルに入りました。

入り口部分はレンガとコンクリの層に別れていて、
少し進むと凸凹した壁に変わるのですが、
この辺りで友人Hの様子がおかしくなります

凸凹の壁を見た瞬間に、
なにかクラクラしてきて気持ちが悪いというのです。

ここで殺された女の霊を警戒して、
私たちはライトで辺りを照らしましたが、
異変は壁に見えませんでした。

Hも大丈夫だというので、
しばらくトンネルを進んだのですが、
Hは座り込んでしまいます。

私たちは肝試しを中止して、Hを抱えて車に戻ります。

Hは視界がどんどんゆがんで、
自分がまっすぐ歩いているのかが、
分からなくなったようです。

すぐにでも下仁田トンネルから離れたかったのですが、
グッタリとするHを狭い車内に押しこむわけにもいきません。

しばらく車の近くでHを介抱すると、
Hの容体も落ち着いてきました。

これ以上何もおきないうちに、
私たちは急いで下仁田トンネルを離れました。

知り合いが肝試しに下仁田トンネルへいくというので、
いくのを止めるつもりで私達の体験を話したのですが、
逆に面白がってしまい。

その知り合いは、
下仁田トンネル近くの溝で脱輪をしてしまいました。

下仁田トンネルは、
面白半分に行くところではない

私がいえるのはそれだけです。

関連する心霊情報