現在地
ルートを検索

15年ほど前の中学3年生のとき、
4カップルほとでグループ交際のようなことをしていました。

放課後、通学路の途中で話し込んだり、グリコをして遊んだり、
雨の日は誰かの家でトランプをしたりして楽しんでいました。

そんなある日、肝試しの話になりました。

この辺で肝試しができるようなところはないかと話していると、
実相寺は何か出るらしいと誰かが言い始めました。

学区外ではあったものの、歩いていける距離だったため、
後日放課後に行ってみることになりました。

私は実相寺に行くのは初めてで、
霊感もないため着いても何も感じませんでした

秋の終わり頃で、着いた時には5時半くらいだったのでしょうか、
もう暗くなりかけていたのを覚えています。

ここで肝試しのルールを決めました。

カップルごとに石を持ってお寺を一周し、
途中お寺の裏側に石を置いてくるというものでした。

私たちはそれぞれ時間をあけながら出発しました。
このときにはもう真っ暗でした。

霊感などはないけれど怖かったので、
私は一緒にいた男の子にしがみつきながら、
なるべく周りを見ないように歩きました。

最後のカップルだった私たちが戻ると、
みんながしきりに早く帰ろうと言いました。

もう遅かったので同意し、その日は解散しました。
次の日、私たちは衝撃的なことを聞きました。

暗闇から歩いてきた私と男の子の間に
猫の顔があったとみんな口を揃えて言うのです。

そして私と一緒にいた男の子は、
数週間前に乗っていた親の車が猫をひいてしまった
打ち明けてくれました。

関連する心霊情報