現在地
ルートを検索

1596年、
小田原攻めに向かう武田軍に対し、
北条氏照が陣を構えて迎え撃つ。

しかし武田軍に押され、
滝山城に籠城するも壊滅寸前まで追い込まれた。

その時の戦で死んだ武者の霊が、
滝山城跡にさまよっている

血なまぐさい戦跡も、
今では自然豊かな滝山公園になっているのです。

その日は滝山公園を目的にサイクリングをしていました。

地図を見ると、
曲がれば近道が出来そうなポイントがあり、
それで予定していた道から外れて、
別の道を進んでいったのが間違いでした。

薄曇りの天気だったけど、
のどかな風景を自転車で走るのは気持ちがよく、
地図だとそろそろ曲がる場所だと思っているのに、
一面田んぼばかりで曲がる道が無い。。。

何処かで道を間違えたらしく、
その後も何度か引き返しながら
目的の滝山公園がある山にたどり着きました。

もっと登りやすい入り口があるのに、
自分が見つけたのは裏口のような入り口だったらしく、
そこは整備もろくにされていない道で、
道標のように白百合が所々咲いてたのを覚えています。

草木の量が増えて来て、
また道を間違えたのでは無いかと不安になっていたとき。

奥の木々の間を、
白いモヤッとした塊が動いたのが見えたのです。

それも一つではなく、
よく見ればあっちにもこっちでもが動いていました。

動いている塊がなにかは分からないけど、
自分が別の方向に進んでいるのはハッキリと分かったのです。

とにかく急いで山を降りたので、
何度かこけてあちこち擦りむいてしまいましたが、
それでも何とか山の入口まで戻って来れました。

来る時は気持ち良かった道路も、
薄曇りの気味悪い景色にしか見えなくなっていました。

今にして思えば、
あのモヤッとした塊が武士の霊だったんだと思います。

関連する心霊情報