現在地
ルートを検索

数年前、友人と二人で、カラオケに行った帰り道、
鹿児島県網野子峠という峠を車で走っていました。

網野子峠は、外灯も少なく真夜中だったので、
すれ違う車さえもありませんでした。

道路脇に広場があったので、そこに止めました。

10台くらい停められる広場で、
奥はうっそうとした森が広がってました。

ちょっと気味悪かったのですが、それよりも、
お話がしたくて車を奥にとめ、
ずっとおしゃべりに花を咲かせてました。

どれくらい話をしたのでしょうか。

腕時計に目をやると、2時をまわってました。

そろそろ帰ろうと車のキーをまわそうとしたら、
おしゃべりしていた友人が急に話をやめたんです。

どうしたの?と声をかけたら、
早く帰ろうと私の腕を揺さぶりました。

その時です。
森の奥から、視線を感じました。

それも一人ではなく、たくさんの人の視線でした。

目をこらすと、いるんです。が。人っていうか、
人らしきものが、たくさんと。

じっとこちらを見つめていました。

私は、これは、ヤバいと思ってその場から離れました。
友人は、町が見えるまで何も言いませんでした。

とりあえず、暖かいコーヒーを飲もうとコンビニエンスに入りました。
コーヒーを飲みながら、私は、見たことを言い出しました。

友人も、私と違うものを見たそうです。
そうです。とは、友人は見たものは何も言いませんでした。

そして、網野子峠をこえた時、友人は言いました。
このまま、帰っては行けない。

明るく人がいるお店に行こうと。
なので、コンビニエンスによりました。

友人は、霊感が強いらしく、言えないほど、何かをみたのでしょう。
連れて帰ったら行けないと。

関連する心霊情報