現在地
ルートを検索

山形県上山(かみのやま)へ旅行に行った時の話です。

山形で最も恐ろしいと評判の滝不動は温泉地の近くで、
車があれば観光のついでに立ち寄ることは難しくありません。

TV番組で滝不動が取り上げられた時に、
有名な霊能力者の方がこの先には進めない
と引き返したことがあるくらいです。

それ程の心霊スポットと聞いて、
当時の私はがぜん興味が湧いていました。

有名な心霊スポットに行って、
冷えた身体を温泉で温める。

私達らしい旅の予定が出来そうだと、
その時には思っていました。

滝の横に不動明王の石像があって、
その隣にある剣に触るとろくな目にあわない

下調べで覚えた知識を説明しながら滝不動に向かいました。

ネットで紹介されていた滝不動の写真では、
可愛らしい滝の横に不動明王の石像がみえたのですが。

その日は水量が増えていて。

不動明王の石像や、
隣にあるはずの剣が埋め込まれた石柱は見えませんでした。

それでも上の段から水が勢い良く飛び出し、
下の岩にぶつかりながら落ちていく様子は迫力があって。

私たちはに見とれていました。

その時小さな声が聞こえたので隣を見ると、
友人がこちらを向いていたので。

さっき聞こえた声は私を呼んだのだろうと思い、
どうしたのと聞いたのですが。

友人も声が聞こえて、
私が呼んだのかと思ってこちらを向いたといいます。

お互いに顔を見合わせて黙っていると、
また小さな声が聞こえます。

私達以外に誰もいないのに、
なんと言っているのかはわからないけど。

誰かが耳元で囁くような声が、
私たちに聞こえたのです。

私たちはすぐに滝不動から立ち去り、
ホテルに戻りました。

自分たちがなんの声を聞いたのか不安で、
ホテル自慢の温泉に入る気にはなれず。

お互い身を寄せて夜を過ごしましたが、
何事も無く朝日を見れて安心しました。

誤って赤子を殺した母親が滝不動へ身投げをした。

そんな言い伝えもあるのですが、
私達が聞いた声はこの母親の霊なのかもしれません。

関連する心霊情報