現在地
ルートを検索

あれは、子供の頃福岡に住んでいた時、
両親と雷山へドライブへ行ったときのことです。

運転していた父が、トイレに行きたいと言い出し、
途中で車を止めたんです。

私と母は車の中で待っていました。
しばらくして、真横を赤いスポーツカーが猛スピードで
追い越して
行きました。

そして、目の前がちょうど2叉路になっていたんですが、
その左側へと入って行きました。

その直後、トイレから父親が戻ってきました。

「さっきの赤い車危ないなあ。でも左側、何かあるのかな。
追いかけてみよう」と言い、私たちも左側へ行ってみることにしました。

しかし、100メートルもしないうちに目の前には行き止まり
なっていました。

行き止まりというか、古いつり橋があって、入り口を古いロープで
ぐるぐる巻きにされて、入れないようになっていたんです。

そして立ち入り禁止の看板が立てられていました。

あれ?と思い、車を降りて近くでそのロープや看板を
見たんですが、きつく縛られており埃かぶったロープと
錆びた看板
があるだけで、誰かが動かした痕跡はありません。

私たちがあの赤いスポーツカーを追いかけて
3分かかっていませんでした。

その間、勿論その車とすれ違っていないし
脇道なんかもありませんでした。

崖下も見てみましたが、どこにもあの車は
見当たらなかった
のです。

忽然と消えてしまった、まさにそんな感じでした。

私たち家族全員あの赤いスポーツカーを見ています。
未だにあの車は何だったのか、
我が家の七不思議となっています。

心霊と言えるか分かりませんが、
本当に気味が悪かったです。

関連する心霊情報