現在地
ルートを検索

カメラマンのHさんは、
趣味で史跡や名所の写真を撮影しています。

売れることもあるという状態ですが、
すこしでも金になるならと思い。
素材販売を仲介するネットサービスに、
撮影した写真を登録していました。

購入された写真がどう使われているのかと思い、
画像検索をすると、検索結果には、
心霊スポットをまとめたサイトが幾つか表示されます。

史跡や名所が心霊スポットなのはよくあることなので。
需要があるならとHさんが訪れたのが、自殺者の霊が自殺者を呼ぶ
徳島県美馬郡つるぎ町にある土釜の滝(どがまのたき)です。

繊細でキレイな滝が自殺の名所ねーとHさんは思いますが、
被写体として三連の滝壺にやりがいを感じます。

駐車場に車を停めて、
遊歩道から土釜の滝へ向かうと。

これから帰る学生グループとすれ違い、
土釜の滝の撮影に集中できることに喜び。
遊歩道から土釜の滝が見えるので、
大体の撮影場所に目星をつけながら進みます。

心霊系のサイトで評判になって、
そこから他の写真も売れたらいいな。

このカメラマンはいいぞと話題にならないかな。

ああ、
話題になるような人はとっくに結果をだしているか。

今のままだとダメだよな。

煮え立つ土釜に例えられる三連の滝壺に着いて、
底の見えない滝壺を眺めていると。

どうせ結果は出せないんだから、
この中で一つになってもいいんじゃないか。

そんな風に思えてきます。

「すいません・・・足元」

そう言われて足元を見ると、
ハンカチが落ちていました。

すれ違ったグループの一人が、
忘れ物を取りに戻ったようです。

Hさんは将来について思う所がありましたが、
それほど悩んではいませんでした。

駐車場から僅かのあいだに何もかもがどうでもいい、
そう思ったのは滝壺の霊に呼ばれたからでしょうか。

土釜の滝に飛び込みたいとは思っていませんでしたが。
滑りやすい岩場をあんな状態で動いたらもしかしたら、
その時のことを思い出すと今でもゾッとするそうです。

関連する心霊情報