現在地
ルートを検索

わたしは心霊スポットだとか、そんなことは全く信じなくて、
竜の川橋の上流には気持ちの悪いところが多々ありますが、
(死体が沈んでいたとか、自殺が多いとか、或いは事故で何人かがなくなったとか)
そんな場所でも、私自身は全く平気なのですが、平気と言うより敢えて、
そんなものはあるわけが無い、と頭から拒否をしていました。

したがって時々田舎に帰って、
夏に網で鮎を採ることを楽しみにしていたのですが、
そんな場所には誰も行きたがりません。

それでも一人で、夜る網を入れて鮎を採りに行っていました。
なぜ恐怖を呼び起こすのかと言うと、昔から事故が多くて何人か亡くなった人がいます。

そこは知っているだけでも、6,7人入ると思いますが、
昔長い木造の橋がかかっていました。

その橋を木材を積んだトラックが通りかかり、
崩落してトラックとともに落下して、何人かなくなったことが有ります。

この事故は、学校のグランドから目撃しましたし、
欄干から落ちたものや、色々いて曰くありのところで、
地元の人はほとんど近寄りません。

しかし、妻を連れてそこに釣りに行った時、
恐怖体験が起こりました。

そんなことはひと言も言ってなかったにも拘らず、
突然声をあげて人の顔が見えるといって、半狂乱になりました。

妻には昔からそんなところがあって、海でも山でもじっと眺めて、
納得したところで無いと行こうとしませんでしたが、
その時は私が良く釣りに言っているところだし、安心をしていたのだと思います。

いきなりギャッと言う声とともに、
半狂乱になった妻は「顔が顔が、恐ろしい顔が」といったきり、
本当の狂乱したように絶句をして倒れそうになりました。

わたしは何もかも放り投げて、抱きかかえると広い川原を抱えて道路まで、
上がり車に押し込みました。

そしてすぐにその場を離れましたが、何も知らないはずの妻が、
そこらへんにあるが、恐ろしい恐怖の顔に見えたということで、
それからは川には絶対に行かなくなりました。

色々いわれる場所には、言われるだけのものが有ると、今は思っています。

関連する心霊情報