現在地
ルートを検索

友人と京都へ旅行に行ったときの心霊体験です。
わたしだけではなく、友人も同じ体験をしました。

化野念仏寺は竹林で有名で観光スポットになっていますので、
訪れる方も多いかと思います。

私たちもガイドブックに載っていたので、
特に深く考えることなく夕方3時頃に化野念仏寺に入りました。

わたしも友人も全く霊感はありません。
霊感はありませんが、勘は鋭い方だと思います。

歩いていくと不気味な雰囲気が漂っています。
お寺だから当たり前じゃないかと言われるかもしれませんが、
ここはちょっと違います。

なんていうか冷たい寂しい・悲しいというマイナスな
オーラみたいなものを強く感じます。

あーここへ来て失敗したかもと思ってしまいました。
何も見えてないのにすごく恐怖を感じました。

それまで友人と楽しくおしゃべりをして観光していたのですが、
こちらへ足を踏み入れた途端にお互いの口数が極端に少なくなりました。

だめだもう帰りたいと思って歩いていたら、
お寺の中のある場所に引き寄せられました。

そこを通りすぎようとした瞬間に、
すごい鳥肌と吐き気と息苦しさを感じました。

何だここは?と思い切って中を見ますと、そこは水子地蔵尊でした。
写真撮影はご遠慮下さいと書いてあったので、
きっと写真に何か写ってしまうことも多いのだと思います。

私たちは手を合わせてすぐその場から逃げるようにして、
お寺を出ました。

そして、タクシーを拾いました。
友人とはしばらく無言だったのですが、わたしはタクシーの運転手さんに
化野念仏寺で先ほど自分が体験した話をしました。

そうしたら、「あー。お客さんのような体験をした人は本当に多いですよ。
心霊スポットでもあるし気をつけてくださいね」と言われてしまいました。

後で聞くと友人もわたしと全く同じ体験をしていたのです。
もうここへは二度と化野念仏寺へは足を踏み入れることはできません。

関連する心霊情報