現在地
ルートを検索

友達の車に乗り、3人で心霊スポット肝試しにいきました。

場所は静岡県浜松市にある「ホテルロンドン」という廃ラブホテルで、
地元の人でも「心霊スポット」が好きな人でない限り
あまり知らない(見つけられない)場所です。

見つけられない・・・というのも、
そのホテルは航空自衛隊の基地の近くにあり、
あまり【遊びに行くような場所】ではないからです。

またホテルロンドンの周りは覆いかぶさるように、
人々を拒むように木が生い茂っていて街頭もない為、
本気で探さないと見つけられないぐらいです。

しかもその場までは車で入ることが出来ません。
私たちは行けるだけ近くまで車で行き、草木をかき分けて歩いて行きました。

そこにはボロボロの廃ラブホテルがあり、
窓ガラスは割られ、ソファなどが外に捨ててありました。

霊感のある私は、直観でヤバイと思い、
ホテルに入るのを拒んだのですが・・・
友人のTは取りつかれたように無言でホテルの中に歩いて行くのです。

「ちょっと待って!!」という声にも反応してもらえず、
友人Oと一緒に外でまつことにしたのです。

しばらくすると2階部分の窓からこちらに手を振るTが居ました。
【オーイ、こっちだよー】って感じで元気に手を振っているんです。

とっても楽しそうでした。

「もうちょっと見てくるね」って大きな声で私たちに叫んで、
また奥へ行ってしまいました。

しばらくすると叫び声と共に青ざめた顔のTが走って出てきて
「早く帰ろう」と言って、私たちを置いて車に向かって走って行ったんです。

私とOもTの後を追って車まで一目散に走ってきました。

急いで車に乗り込み、しばらく走ったコンビニに車を停め
取りあえずコンビニに入りました。

こういうときって店員さんの「いらっしゃいませ~」って声や
人が居るだけでホっとするものですよね。

少し落ち着きを取り戻したTに話を聞くべく、
温かいコーヒーを買って外にでました。
外でたばこを吸いながらコーヒーを飲みました。

『あの時、手を振ってからまた歩いていったんだ。
かなりボロボロだったけど、部屋があって、そこに女に人がいた。
こんな時間に、廃ホテルに女が1人で居るわけないだろう?』

「ほうほう、それで」

『でもあまりにもハッキリ見えたんで、何してるんだ?って声かけたんだよ』
「そそたら?」

『彼を待ってるって言ってた。怖くなって逃げてきた』

そういっていました。怖いね~って話ながら帰ろうと車に向かったら、
車に手形がたくさんついていました。

それが一番怖かったです。

関連する心霊情報