現在地
ルートを検索

子供の頃に茨城県にある袋田の滝に家族で行きました
幼心に薄気味のわるい場所だという印象が有りました。

袋田の滝では長い旧月居トンネルというトンネルがあり、
その場所で出来事は起きました。

あまり詳しくは憶えてないのですが、後ろに誰もいないのに歩く音がします。

ひた、ひた、と。

それどころか歩くだけじゃなく近づいてくる感覚までしました。

ひた、ひた、と。

「お母さん、お母さん」と懇願するような声がしました。
私が母と歩いてたから、母を求めるナニカがついてきたのでしょうか。

勇気をだして振り返ると、小さな子供がいました。
よかった、ただの人間だ。そう思っていたのです、その時までは。

早足でその子供は私たちを追い抜いていきました。
ただの迷子かもしれないと自分に言い聞かせて。

「迷子の男の子がいたね」と私が母に言うと
「ここ、誰もいないよ?早くお土産物屋さんに行こう?」

と母はキョトンとした顔で言いました
じゃああの子供は何だったのでしょうか。

お土産屋につくと彼はいました。でも彼は私にしか見えていないようでした。
「さっきから、男の子がいるよ」と言っても誰も信じてくれません。

私はとうとう泣き出しました。母は「ちょっと疲れちゃったんだね、今日はよく歩いていたから」

と私を慰めました。

後日、袋田の滝の前で焼き増しした写真を見たら、手が沢山写ってました。

小さな子供の手でした。「ただの影でしょう」と母は笑ってましたが、
私が大きくなって、その写真を見つけ出して母は言いました。

「実は袋田の滝心霊スポットだったんだよね」と。

じゃあ、あのとき見た男の子は、お母さんを求める健気で悲しい理由があった
幽霊だったのでしょうね

関連する心霊情報