現在地
ルートを検索
現在地
ルートを検索

サークルで埼玉県にある橋立川キャンプ場に行った時のことです。
所属していたサークルに子どもを連れて参加しました。

15年以上前のことなので、今はどうなっているのかは分かりませんが、
当時は橋立川キャンプ場にはバンガローが川沿いに点在していました。

幾つかのバンガローがブロックになっていましたので、
サークルで10棟貸し切っていました。

その区画に他の団体が来ることはありませんでした。
子どもを連れて参加したのは私と、もう一人で子どもは3人だけでした。

夜、子どもが迷惑になると、1棟を大人2人、子ども3人で貸切でした。
私は、子どもを背中側にして、壁に顔を向けて寝ていました。

壁が顔のすぐ側でした。
明け方の4時頃でした。

子どもたちが走って笑って騒ぐ声で目を覚ましました。
バンガローの外を何十人かが駆け抜けていきます。

「まだ、4時なのにね・・・迷惑だな」と思いながら
眠さで目を閉じました。

笑い声をたてながら頬をペタペタと子どもが叩いて、そのあとすっと撫でました。
その手を、払いながら「寒い?冷たいね手が。まだ、早いから寝てようね」と言いながら、
うとうとしましたが・・・ふっと、子どもの体温は背中に感じるのです。

下の子がお腹側に回ってきたのかな?
頭側に来たのかな?と見ましたが、いません。

ん?誰もいないのに、頬を誰かがなでたのは何?
頬に冷たい感触が残っています。

ちょっと寒い感じがしながら、また、寝袋に潜り込みました。
朝、起きると一晩中起きていたサークル員がいました。

「バンガローの向こう側に立っている人が怖くて中には入れなかった」
と言います。誰かが、ずっと別のバンガローの向こうに立っていたそうです。

一晩中起きていたサークル員に子どもたちの集団の話をしましたが、
子どもは一人も来なかった、と言われました。

「夢でも見たんじゃない?」と言われましたが・・・どうだったのでしょうか。
今でも不思議に思える出来事です。

関連する心霊情報