現在地
ルートを検索

青森県の国道7号線を通って青森市から平内町に向かって行く途中に
すでに廃墟となっているラブホテル、「ホテルエンドレス2」があります。

そこのラブホテルには幽霊が出ると多くの噂があります。
ラブホテルが経営されていた時から幽霊が出ると有名でした。

すぐ国道を挟んだ迎い辺りに、お地蔵さまがまつられており、
その場所は交通事故が多く、「魔のカーブ」と噂されていて、
事故多発現場と大きな看板が建てられています。

その場所で交通事故が起きた際、事故に合った廃車になった車が新聞に載ったのですが、
人の顔が乗っていると取り立たされてラジオでも話題になりました。

夫の兄とその場所を車で通った時、兄の運転する車が急に蛇行を始めました。
「どうしたの?」と聞いても答えられないほど眠いようでした。

私たちは一所懸命兄に話しかけて、危険を感じて、
車を止められる場所を探して車を止めると、
兄は「少しだけ眠らせてほしい。」と言って眠りました。

起きた兄に話を聞くと、「ホテルエンドレス2」の前を通った時、急に睡魔に襲われ、
わけが分からなくなったと言いました。

睡魔と同時にハンドルを右に取られた気がしたとも言いました。
兄はそれまで私たちと会話をしていて、眠いそぶりは全くありませんでした。

兄も突然の睡魔だったと言って驚いていました。
その場所は道路が新しくなり、睡魔に襲われた場所から離れたところに
道路ができましたが、通るのは少し怖いです。

お盆の時期だったので、
引っ張られそうになっていたのではないかと思うとぞっとします。

関連する心霊情報